リハビリテーション科の求人特集

TOP >> リハビリテーション科のスタッフ >> 医療ソーシャルワーカー(NSW)

医療ソーシャルワーカー(NSW)

医療ソーシャルワーカーというのは、資格の名前ではありません。仕事の名前となります。しかし今現在では、ソーシャルワーカーアとして働いていく際には社会福祉士sなどの資格を取得しておくことが必須になることも多く、場所によっては精神保健福祉士を取得していることが必須になっていることもあります。そのため無資格で、医療ソーシャルワーカーを業務として行なうことは今現在ではなかなか難しいことになります。

医療ソーシャルワーカーというのは、医療機関によって名前が変わってくることもありますが、基本的な業務内容はあまり変わらないと言えるので、しっかりと業務内容を確認し、求人に応募をしていく必要があります。かつては、無資格の人のほうが多かったのですが、業務の内容が専門的であるので、一般の知識だけでは対応しきれない状況が多くなりました。それにともなってしっかりとした資格を所有していることが強く求められてきているというわけです。

社会福祉士や精神保健福祉士の資格を取得しておくことは、相談をしにくる人からしても、安心できる要素であり、病院などの医療機関の信頼にもつながっていきます。勤務先としては医療機関がやはり多いので、求人情報は医療機関を中心にして探していくことになります。

実際に、医療の現場などに足を運ぶことはありませんが、そのかわり、患者の家や、生活に密着した支援をすることも多くあり、また社会復帰をする時の支援や、心理的な不安の解消などに力を注いでいくことになるでしょう。他の医療職とは立場的に違うものがありますが、専門職として病院に必須の存在であることは変わりません。

医療ソーシャルワーカーは、基本的に同じような業務になるのですが、職場がどのような職場になるのかによって、力を入れる業務が変わっていく傾向が強いです。例えば、入院をする人が多くいる場合、入院支援や退院支援を中心に業務を行なっていくことになると言えます。地域に出て活動をすることが積極的に行なわれている施設などであれば、地域に出向き仕事をすることが多くなるでしょう。相手の話を聞きつつ、ベストな選択肢を見つけていくことが医療ソーシャルワーカーには求められていきます。

対応の仕方を間違えてしまうと「親身に聞いてくれなかった」「何も解決しなかった」「時間の無駄だった」など厳しい意見をもらってしまうこともあります。適切な対応、責任を持った対応をし、一人一人の要望、ニーズを大切にしていく気持ち、行動が強く求められていきます。

リハビリテーション科の求人サイト 人気ランキング 〜スタッフ編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>リハビリテーション科の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 リハビリテーション科の求人特集 All Rights Reserved.