リハビリテーション科の求人特集

TOP >> リハビリテーション科のスタッフ >> リハビリ助手

リハビリ助手

リハビリの職業というのは基本的にしっかりとした資格が必要になります。資格がない状況で資格名を名乗ってしまうことがあると、罰則を受けてしまう可能性もあります。また病院などの医療機関でも資格保有をしていることが最低条件である場合も多く、資格を保有していない状況での就職は不可能と言えるでしょう。しかし、そのような状況の中でもリハビリ助手という立場であれば、資格がなくても就職ができる可能性が高まります。

リハビリ助手というのはどのような立場であるのかというと、リハビリをする際の雑務を担当することが多く、スムーズにリハビリができるように、下準備などをしていく立場になります。直接治療に関わるということはあまりありませんが、簡単な訓練などの付き添いなどを行なう場合はあります。助手ということで、当然通常のリハビリ職と同じようなことはできませんが、リハビリ職を目指している学生が、経験兼アルバイトという意味で、行なうことも多いです。リハビリ助手として仕事をしていくと、リハビリの現場に関わることができるので、非常に良い勉強になることは確かです。

ただ、ネックとしてはリハビリ助手を募集するということがあまりないことです。リハビリ職を募集するのであれば、研修生や実習生を募集するというところもあり、なかなか勤務先を見つけていくのは難しいと言えるでしょう。勤務先との何かしらのつながりがあったり、紹介などをしてもらえればまた話は別になります。

このようなことからリハビリ助手一本で、しっかりとした仕事をしていくのはなかなか難しい状況にあると言えるでしょう。しかし大抵の場合、そこから理学療法士や、作業療法士の資格取得を目指していく場合が多いので、勉強の場と割り切ってしまうこともできます。リハビリ助手の経験を積んでいれば、それだけ、理学療法士や作業療法士などの勉強をしていく時に、大きく役立っていくと言えます。資格を取るまでのカリキュラムの中には実習などもありますが、リハビリ助手を体験していれば、そこまで緊張するものでもありません。助手と言っても、現場を経験したことがあるというのは大きなステータスになります。

リハビリ助手の場合、助手という立場になるので、給料はそれほど期待できない場合が多いです。アルバイトとしてみれば、良い収入になることもありますが、社員として働くと考えていくと、やはり少なめになってしまうと言えるでしょう。

リハビリテーション科の求人サイト 人気ランキング 〜スタッフ編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>リハビリテーション科の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 リハビリテーション科の求人特集 All Rights Reserved.