リハビリテーション科の求人特集

TOP >> リハビリテーション科のスタッフ >> 義肢装具士(PO)

義肢装具士(PO)

義肢の存在はどんどん大きなものになってきています。先天的にあるいは障害などによって手足を失ってしまったとしても、日常生活や、自分の行いたいことをすることができるように義肢があります。電気を利用した義肢や、外見が普通の四肢と何も変わらないようなデザイン性を持った技師など非常にバリエーションも増えてきています。リハビリテーションで活躍することも多くあり、近年非常に大きな注目を受けている職業の1つになります。

この義肢装具士になるためには指定の単位を取得し、国家試験の受験資格を得ておく必要があります。その上、しっかりとした国家試験に合格することが求められるので、綿密な学習、そして経験が必要になってきます。義肢装具士の養成学校というのは、他のリハビリテーションに比べて数がまだ少なく、それほど選択肢は多くありません。ですが自分にあった学校で勉強をしておいて損はありません。

義肢装具士の仕事は、義肢を医師からの指示を元にして、義肢を作っていくことが主になります。このようにしてみると患者とのかかわりが少ないと感じてしまうかもしれませんが、義肢装具は患者なしで作ることができません。どのようなことかと言うと、形を作ることができても、患者に実際に合わせてみないと、その義肢装具士がしっかりと機能してくれるかどうかがわからなくなります。 そのため実際に患者にはめてもらったり、利用する人に合わせて、微調整をしていく必要があるのです。このような時に人とのかかわりが大きくあり、他のリハビリスタッフと話し合いをすることもあります。チーム医療の一員になっていることも少なくありません。

義肢が体にあっていないと、それが原因で、関節を痛めてしまったり骨を痛めてしまうことがあります。そのようなことを防ぐのも役割になりますが、成長などによる誤差の調整も義肢装具士の大きな仕事と言えます。

義肢装具士としてどのようなところに勤めていくのかというと、病院というよりも、物を作るところ、会社に勤めていくことが多いです。義肢装具を作っている会社に勤め、適宜病院などに足を運んでいくという形になることが多いと言えます。子供の施設に行く場合もあるので、高齢者から子供まで関わることができる珍しい職種でもあります。義肢装具士は、医療という視点だけでなく工学という視点も必要になるので、医療現場、業界に新鮮な風をもたらす職業、存在にもなります。

リハビリテーション科の求人サイト 人気ランキング 〜スタッフ編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>リハビリテーション科の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 リハビリテーション科の求人特集 All Rights Reserved.