リハビリテーション科の求人特集

TOP >> リハビリテーション科のスタッフ >> 理学療法士(PT)

理学療法士(PT)

理学療法士は、リハビリの専門職であり、身体的な症状、障害に対して特に強い専門性を発揮してくれるリハビリ職になっていきます。作業療法士と似たようなところがありますが、作業量保水は精神分野などでも活躍することに対して、理学療法士は身体分野により特化していると考えることができます。そのため物理的な治療方法や、より詳細なデータの取り方、検査の仕方などを学び、そして実践していくことができます。一般的なリハビリのイメージはこの理学療法士の持つイメージとなるでしょう。理学療法士は国家資格であり、国家試験に受からなければ、資格を得ることはできません。その道のりは決して容易なものではありませんが、資格としての魅力は一生ものであると言えるでしょう。

理学療法士として働いていく時、身体分野に特化したと記載をしましたが、精神分野の知識が何も必要ないということではないので注意が必要です。リハビリをしていく時には、障害に対しての認識などの面で、大きな不安を患者が抱えてしまうこともあります。そのようなことを理解して、サポートすることができないと、一方的なリハビリになってしまい、患者のニーズや本当の気持ちを理解することができなくなってしまいます。それでは十分なリハビリとは言えないでしょう。相手の立場や環境などを踏まえた上でリハビリをしていくことが理学療法士には求められていきます。

理学療法士と作業療法士は、お互いがお互いをサポートするような形で職場にいることが多く、一緒に仕事をすることもあります。そのため作業療法士に対しての知識や、理解を持っておくと仕事がしやすくなると言えます。これは作業療法士にも言えることでしょう。理学療法士と作業療法士の2つのリハビリの職業が上手く連携することができると、本当の意味でしっかりしたリハビリになっていくと言えます。

理学療法士の勤務先は、病院や福祉施設が多くなります。病院で仕事をする人が多い傾向にありますが、スポーツセンターや、スポーツに関する施設、分野で仕事をする人もいることになります。そのため、運動学や運動障害というものに特化した分野で仕事をすることができる場合も多いです

求人情報も理学療法士は豊富にあり、比較的自由に選んで、自分の就職先を見つけていくことができるでしょう。職場の環境を通して、しっかりとした理学療法士になるために、ステップアップをすることも可能と言えます。

リハビリテーション科の求人サイト 人気ランキング 〜スタッフ編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>リハビリテーション科の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 リハビリテーション科の求人特集 All Rights Reserved.