リハビリテーション科の求人特集

TOP >> リハビリテーション科の看護師 >> リハビリテーション科の看護師に有利な資格は?

リハビリテーション科の看護師に有利な資格は?

リハビリテーション科として働いていく時に、看護師以外で、取得しておくと良い資格として、リハビリ職の資格があります。リハビリに関する資格として信頼性が高いものは国家資格になっており、そう簡単に取得できるものでもありませんが、看護師の資格を既に持っている場合、カリキュラムの免除などがある程度考えられる場合もあるので、検討する価値はあるでしょう。リハビリ職としての資格には、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士があり、この3つが非常に有名で、力のある資格になります。国家資格であり、試験などもあります。

民間資格にまで視野を広げていくと、音楽療法士などの資格も出てきます。民間資格は所有していれば、リハビリの場面で活躍してくれる場面があるので、所有しておいて損はありません。特に日常生活に関するリハビリなどで活躍してくれることが多く、取得もしやすいものが多いので、活用しやすい特徴があります。ただ、あまりにマイナーな資格であると、意味が薄れてしまうので、ある程度メジャーな資格を取得しておくと良いでしょう。

看護師の資格をもちながら、国家資格であるリハビリ職の資格を持つことができれば、非常に大きな魅力になりますが、どちらも大きな資格であるため、どちらかをもてあましてしまう可能性はあります。転職などで、看護師以外のリハビリ職の資格を持っていれば、当然有利になりますが、それだめのために、資格取得をするのは非常に効率が悪く、お勧めできません。

看護の場面で活かしていこうという強い気持ち、そして行動力がないと、2つの資格を活かしていくことはなかなか難しいでしょう。 これは言い換えると、看護師だけの資格であっても、十分大きな力を持っているということです。看護師は、介護の技術と医療の技術をバランスよく持っている医療従事者として代表的な資格になります。そのため非常に応用の利く資格でもあり、活躍できる場面も多くあります。

その中のひとつがリハビリということであり、看護師としてリハビリの知識を増やしていくことは、リハビリ職としてリハビリの知識を増やしていくこととは大きく違う意味を持ってきます。どれだけ看護とリハビリを繋げていけるかが重要であり、これは看護師にしかできないことになります。リハビリ職の資格を取得することは非常に大きな力を得ることになりますが、それによって看護師としての立場がブレてしまうようであれば、看護師一本でいったほうがメリットは大きくあるでしょう。

リハビリテーション科の求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>リハビリテーション科の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 リハビリテーション科の求人特集 All Rights Reserved.