リハビリテーション科の求人特集

TOP >> リハビリテーション科医 >> リハビリテーション科医の勤務先

リハビリテーション科医の勤務先

リハビリテーション科の医師としての勤務先は多種多様になってきています。一般的に総合病院など大きな病院で勤務しているイメージが強いのですが、決してそれだけではありません。リハビリ自体が、医療施設などから外に出ていくことが多くなり、地域でリハビリが行なわれることも多くなってきています。人が集まりやすい場所で定期的にリハビリのための講習会などを開いたり、リハビリを実際に行なうための会などが開かれることもあります。

また、福祉施設などでリハビリが積極的に取り入れられることも多くあり、リハビリの職員が福祉施設で仕事をすることもかなり多くなってきています。当然リハビリテーション科の医師の活躍範囲も広がり、今では、クリニックや、訪問診療などで仕事をする人もいます。

総合病院や大学病院でも、リハビリの専門医師に対して高い関心を持つようになった場所は多くあり、リハビリの場面で医師の顔が見られることも増えてきています。医師が実際に現場に関わっていくことで、柔軟な状況把握ができるようになり、診断を一回したからそれで、終わりということにはなりにくくなっています。状況をしっかり確認し、細かくリハビリの計画の変更などを行うことができるとも言えるでしょう。このようなリハビリに対する状況において、臨機応変に対応することは、リハビリの効果を上げていくだけでなく、本来ある昨日を低下させずに、効果的なリハビリにしていくことにつながります。

勤務する場所によって、忙しさなどは変わってきます。どのような年齢の人が来るのか、症状の人が来るのかによって対応の仕方は変わってきます。そのためリハビリテーション医は、「これを知っていれば大丈夫」という知識が少なく、状況に合わせて知識を得ていく柔軟性、吸収力が求められます。大きな病院でも、小さなクリニックでもこの重要性は変わりません。勤務先が異なるからと言って、リハビリテーション医の役割や、重要性に違いが出てくることはありません。それを意識して仕事をしていく必要があります。

訪問診療などになっていくと、医師としての行動力も大きく問われていきます。訪問になるので、リハビリする環境は大きく変わっていきます。いかにその環境の変化に対応できるか、環境が変わっても、一定のリハビリをすることができるかが重要です。リハビリテーション医の重要性は変わりませんが、工夫する点、より深く考えておく点は、勤務先によって大きく異なっていきます。

リハビリテーション科の求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>リハビリテーション科の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 リハビリテーション科の求人特集 All Rights Reserved.