リハビリテーション科の求人特集

TOP >> リハビリテーション科医 >> リハビリテーション科医の仕事内容

リハビリテーション科医の仕事内容

リハビリというと、理学療法士や作業療法士が有名となってきました。またリハビリには医師があまり関わっていないと思ってしまっている人も少なくありません。しかし、リハビリにも医師というのは必要であり、リ八ビリテーション科医という、リハビリの専門的な医師もいることになります。理学療法士や、作業療法士は障害や、原因についての診断をすることはできません。 ここは勘違いをしてしまう人もいるのですが、診断をするのはリハビリテーション科医になります。理学療法士や作業療法士などのリハビリスタッフはその診断に基づいて、医師の指示にしたがい、リハビリをしていくことになるのです。そのためリハビリは医師がいないとしっかりと機能することができなくなってしまいます。

リハビリテーションの医師としての仕事は、障害などを診断していくことも重要ですが、リハビリスタッフとの連携も非常に重要になります。今現在リハビリはチーム医療で取り組まれることが多いです。チーム医療となると必ずリーダーが必要になってきます。リハビリの場合、医師がリーダーになることが多く、医師を中心にして治療を行なっていくことになります。この時リハビリスタッフをチームの一員として、医師が上手く引っ張っていくことができなければ、質の良いリハビリを行うことは難しくなります。チーム人員の状態を把握するとともに、患者の状態も把握していくのが、リハビリテーション科医師の大きな仕事になっていくと言えます。

このような意味では他の診療科目の医師とは少し違う性質を持っていると言えるでしょう。他の診療科目でも、当然看護師などとの連携は必要になりますが、リハビリテーション医師の場合、連携というのがより重要になり、リハビリスタッフとのつながりも強くあります。

リハビリ中に、いきなり発作が起こってしまったり、容態が悪くなってしまうこともあります。リハビリというのは言ってしまえば、体にわざと負担をかけて、機能を回復、呼び覚ますような行為になります。そのため、意図しないところで、状態が悪くなってしまうことも当然あります。リハビリテーション医師はそのような時の緊急処置も大きな役割であり、救急医との連携、あるいは他の診療科目の医師との連携をスムーズに行なっていく必要があります。判断力、情報の伝達力など、医師として、高い能力を求められていくことでしょう。

医師の中では患者の生活に非常に密着していけるので、患者との関わりや、生活環境との関わりというのも増えていきます。それが大きなやりがいになることも多いです。

リハビリテーション科の求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>リハビリテーション科の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 リハビリテーション科の求人特集 All Rights Reserved.